GIFT_installation

.detail>> LINKS <GIFT_web>
<< 感動の説明。 | main | 若沖のファンタジー >>
日記のおひさしぶり。
2012年も年の瀬ですね。

一部ビジネスフリークを除けば、多くの人がガッカリすぎる政権交代もあり、日本の市民生活は非常事態の気配ではありますが、ごく個人的には絵の作業が一段落して、久しぶりに日記でも書きたい気分です。

近ごろは油彩がメインであって、この油彩が自分にとっては楽しい画材。描くたびにだれかにその楽しさを伝えたくなるんですが、今はそしてこの油彩で人の顔を描いています。
この人の顔というのが実は自分にとってはいちばん得意意識があって、描いていてもやっぱり苦にならない。油彩の楽しさと相まって。

突然ですが、来年の2月、会津、湯野上温泉郷にて開かれる街のお祭りに合わせて大掛かりな展示をさせていただくことになりました、と報告です。
たくさん絵を展示します。以前の大きな鉛筆画、そのまた以前のグラフィックシリーズ、火事の家の絵のシリーズなど。そのほかライブペイントも数回、公開制作もあるかも。楽しみです。

そして人の顔の新シリーズも展示したい五枚を描き終え、一段落というわけです。

そして今年の年末は、引っ越しです。
三年ほど使った地下牢みたいな部屋を出て、川沿いの部屋に引っ越します。経済的な理由からなんだけど、その割りにはさっぱりした気分でもある。やけくそってわけでもないのだけど、なんだか最終局面みたいな気分。この調子なら最悪な事態も容易に想像できるけど、これ以上悪くなるなら仕方ないかという開き直り気分もあってやっぱりさっぱり気分。
なんだかあさっての21日はどこかの暦での大区切りの最終日とやらだし、ちょうどいいやなんてね。

引っ越しを済ませても、年末まで少し時間があるかもしれないけれど、たぶん次の絵のことを考えているうちに過ぎることでしょう。

次の絵というのは、これも会津で展示させてもらおうと考えているものなんだけど、以前のグラフィックシリーズをリライトしたい。
どんなふうにリライトできるかまだアイデアはないのですが、相当に気合い入れて完成度高いものにしたいな。できるかな。あえて公言して自分にプレッシャーでもかけておきます。

という感じの今日このごろ。他にも考えたいことはあります。
ほんといえばグループ展やりたいな。すごくたくさんの人と。いろんな垣根を跳び越えて。だれか企画してくれないかな。一人ひとりじゃできない大きなメッセージ、なんてね。こんな世の中になってしまって、うっかりすると右だの左だのと隣の人とも険悪になりかねないような気がします。政治不安というのはおそろしいですね。

テーマってなんだろう?「フリー」とかかな?「ピース」とかじゃない気がします。平和も不可欠ではあるけどもっと根本的な、どんな絵描きでもみんなが思う基本なことはやっぱり権力だの主義だのに束縛されず自由に描いていたいってこと?絵描きに限らず?
集まること自体に主義主張がでるのだからむずかしいのだけど。

あと、早いとこお金というものもなくなってほしいよ。

や。ただの日記でしたからこのへんで。
| 日記 | 23:46 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE